TEL 072-272-1199

FAX 072-272-9911

〒593-8304
堺市西区家原寺町1丁1番1号

外来受付のご案内

受付時間

8:15~11:00

休診日

土日祝・年末年始

メニューを閉じる

部門消化器疾患センター

更新日:

堺市における消化器疾患の総合医療センターとして

消化器疾患センターでは消化器内科医と消化器外科医(胃食道外科・大腸肛門外科・肝胆膵外科)および看護師・薬剤師など関係するコ・メディカルスタッフが共同して、がんはもちろん主要な消化器疾患全般の診断から治療まで一貫してエビデンスに基づいた医療を提供しています。近年ではがん検診による早期発見、ピロリ菌除菌による胃がん予防など予防医学にも力を入れる一方、腹腔鏡手術やロボット手術など患者さんへの負担の少ない低侵襲治療を積極的に導入しており、治療後のフォローも地域の先生方と連携して推進しています。

消化器疾患センター長
北村 信次

特色・強み

 毎日消化器内科医および消化器外科医が外来を担当しており、受診科が違っても適切な専門医が速やかに対応できる体制を整えています。吐下血や黄疸、急性腹症といった緊急性を要する疾患についても365日24時間受け入れており、緊急内視鏡やカテーテル治療(IVRセンターと連携)から手術(救命救急科とも連携)まで迅速に対応しています。
 当院は厚生労働省から指定を受けた地域がん診療連携拠点病院であり、各領域のエキスパートががんの専門診療を行っています。体に負担の少ない内視鏡的切除や腹腔鏡手術・ロボット手術を積極的に取り入れる一方で、高度進行がんに対しては放射線治療科や緩和ケア科とも連携し、手術に抗がん剤治療や放射線治療を組み合わせた集学的治療を行うなどそれぞれの患者さんにとって最良の治療法、ケアを提供いたします。
 2018年に当院は当地域における大阪府難病診療連携拠点病院に指定されました。潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患に代表される消化器難病の診療にも今後力を注いでいきます。

関連リンク

地域の医療関係者の方へ

消化器内科医も消化器外科医も毎日外来を担当しておりますので、受診科が違っても適切な専門医が速やかに対応できますので、消化器疾患を疑った場合は気軽にご紹介いただければ幸いです。

地域の患者さんへ

スムーズな受診のため、かかりつけの先生からの紹介状をなるべくお持ちください。

検索