TEL 072-272-1199

FAX 072-272-9911

〒593-8304
堺市西区家原寺町1丁1番1号

外来受付のご案内

受付時間

8:15~11:00

休診日

土日祝・年末年始

メニューを閉じる

診療科大腸肛門外科

更新日:

大腸肛門外科では主に大腸と肛門に関する外科的治療を行っています。大腸疾患では大腸がんなどの悪性腫瘍や大腸憩室炎などの良性疾患、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患に対する外科的治療を行っています。また、肛門疾患については痔核、裂肛、肛門周囲膿瘍、痔瘻以外にも肛門に関わる疾患に対する治療を行っています。

大腸肛門外科部長
中田 健

対応疾患

腫瘍性疾患 大腸がん、大腸ポリープ
炎症性疾患 潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸憩室炎
肛門疾患 痔核、肛門周囲膿瘍・痔瘻、裂肛
その他 直腸脱

特色・強み

当科では、大腸がんをはじめ、鼠径ヘルニアなどの良性疾患や、痔核や痔瘻などの肛門疾患まで、幅広く様々な大腸・肛門疾患の診療を行っております。

手術件数は2017年から年間450件を超え、そのうち全身麻酔下手術は350件を行っています。中でも大腸がんの手術件数は150件にもなります。

2012年頃から腹腔鏡下手術の導入に取り組み、近年では、ほぼ9割の大腸がん症例に対して腹腔鏡下手術を施行できるようになりました。もちろん、大腸がんだけでなく、鼠径ヘルニアや腹壁瘢痕ヘルニアなどの疾患に対しても、積極的に腹腔鏡下手術を実施しています。

2018年8月から直腸がんに対して、ロボット支援下手術 -da Vinci Xi- (ダビンチ)を導入しました。ロボットによる手術は、正確で繊細かつ複雑な手術操作を可能とし、低侵襲とされる腹腔鏡下手術に、安全性と根治性の向上を更に期待できる、次世代の手術術式です。当科での手術件数はまだまだ少ないですが、良好な成績を得ています。今後、更に適応を拡大して、より多くの患者さんに最新の先進医療を提供させて頂きます。

大腸がんの治療は手術療法だけではなく、再発・転移をもつ患者さんには抗がん剤治療や放射線治療、緩和治療も行っています。勘違いされることが多いのですが、大腸がんの抗がん剤治療は、入院を必要としません。専属の医師、看護師、薬剤師で構成される外来の化学療法センター(ATC)では、日々多くの患者さんが元気に通院で治療を受けています。
しかしながら、より多くの患者さんに満足して頂ける全人的医療を提供するためには、我々外科医だけでは力不足であり、他科の医師、看護師、薬剤師に加えて、理学療法士、ソーシャルワーカーなどの多職種で力を合わせ、様々な役割をもつチームを構成して、多面的に診療を行っています。

当院はより良い治療のエビデンスの確立を目指した臨床試験にも積極的に参加しており、日本臨床腫瘍グループ(JCOG)などの臨床試験を行っているグループに参加しています。

実績

2018年度
鼠経ヘルニア 126
腹壁瘢痕ヘルニア 20
肛門疾患 30

原著、総説、著書

題名 著者 著書・誌名
2019 巨大な腹壁欠損を局所陰圧閉鎖療法にシューレース法(Shoelace、靴ひも縫合)を併用して閉鎖し得た1例 鄧傑之、中田健、臼井章浩、森本伸一、南部真里恵、山本絵美子、辻江正樹 STOMA
2020 一時的ループストーマ閉鎖術における腸管切除吻合法と単純縫合閉鎖法の比較検討 加藤一哉、中田健、大原信福、森本伸一郎、南部真里恵、山本絵美子 STOMA
2020 Phase II Study of Panitumumab Monotherapy in ChemotherapyNaive Frail or Elderly Patients with Unresectable RAS Wild-Type Colorectal Cancer: OGSG 1602 Terazawa T, Kato T, Goto M, Ohta K, Noura S, Satake H, Kagawa Y, Kawakami H, Hasegawa H, Yanagihara K, Shingai T, Nakata K, Kotaka M, Hiraki M, Konishi K, Nakae S, Sakai D, Kurokawa Y, Shimokawa T, Satoh T The Oncologist
2020 緩和ストーマ造設における合併症とストーマ管理 中田健、森本伸一郎、南部真里恵 WOC Nursing 2020/9 Vol.8 No.9

治療実績・成績

● 大腸がんの 治療成績

● 鼠径ヘルニア

年間100-120例の鼠径ヘルニア手術を行っています。高齢者に多い疾患でありますが、全身麻酔下手術に耐えうる患者さんには、腹腔鏡下修復術(TAPP)を提案させて頂きます。また、腰椎麻酔下でのクーゲル法やメッシュプラグ法などの従来の術式に加え、重篤な合併症があり手術を受けることが困難な患者さんに対しても、局所麻酔下での修復術(Lichtenstein法)を行っています。どのような患者さんにも可能な限り治療を検討致します。

● 腹壁瘢痕ヘルニア

腹部手術の合併症の一つである腹壁瘢痕ヘルニアは、日常生活に支障をきたし、整容性の点からも手術をお勧めしております。近年、腹腔鏡下修復術(IPOM)の有用性が報告され、当科においても積極的に行っています。年間20例前後の手術を行っており、半数以上の症例で腹腔鏡下修復術を実施しています。

● 肛門疾患

当科では痔核、痔瘻、直腸脱などの肛門疾患に対して、年間40例前後の手術を行っています。直腸脱に対する従来の手術術式は、再発率が高いことが大きな問題でありますが、低侵襲かつ根治性が高いとされる腹腔鏡下直腸固定術も当科では実施しています。

研究発表

令和元年度

開催日 学会等 演題 演者
2019/2/8 南河内消化器外科治療セミナー ストレス“ゼロ”を目指した大腸癌化学療法 中田 健
2019/2/23 第36回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 局所進行直腸癌に対する集学的治療を前提とした右側横行結腸でのストーマ造設 中田 健
2019/2/23


第36回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 低侵襲にこだわったストーマ合併症手術 中田 健
2019/4/18 第119回日本外科学会定期学術集会 90歳以上の超高齢者における大腸癌手術成績 大原信福
2019/5/17 CRC Expert Meeting in South Osaka 外科的化学療法のススメ~メスとアービタックス~ 中田 健
2019/5/21 Colorectal Cancer Seminar in SAKAI レゴのトリセツ・後方治療の組み立て方 中田 健
2019/5/24 第17回日本ヘルニア学会学術集会 遅発性メッシュ感染腸管皮膚瘻切除術の腹壁再建においてComponents Separation法が有用であった1例 加藤一哉
2019/5/24 第17回日本ヘルニア学会学術集会 回腸導管傍ストーマヘルニアを腹腔鏡下Keyhole法にて修復した1例 長谷川 誠
2019/5/24 第17回日本ヘルニア学会学術集会 IPOM術後の糞便性イレウスに対して開腹手術を施行した1例 日村帆志
2019/5/24 第17回日本ヘルニア学会学術集会 鼠径ヘルニアのヘルニア門を利用して腹腔鏡下人工肛門造設術を施行した1例 大原信福
2019/6/1 第61回関西STOMA研究会 一時的ループストーマ閉鎖術における単純縫合閉鎖の試み 加藤一哉
2019/6/1 第61回関西STOMA研究会 ストーマ管理困難に対し3度のストーマ形成術を施行した一例 大原信福
2019/7/17 第74回日本消化器外科学会 腹壁瘢痕ヘルニアに対するMUAR法(Mesh repair under anterior lamina of rectus sheath)の手技と成績 三宅祐一朗
2019/9/12 Leader’s Meeting in Kansai & Tokyo 症例提示 中田健
2019/9/13 第5回泉州大腸手術研究会 当院における腹腔鏡下S状結腸切除術の手術手技 大原信福
2019/9/21 LAC Evolution Meeting 腹腔鏡下S状結腸切除術 大原信福
2019/9/28 第202回近畿外科学会 "腎癌の横行結腸転移に対して 腹腔鏡下横行結腸部分切除術を施行した1例" 長谷川誠
2019/11/7 南大阪大腸癌懇話会 サルコペニア患者に対する術前介入の取り組み 大原信福
2019/11/14 第81回日本臨床外科学会総会 小腸浸潤による腸閉塞を初発症状とし小腸原発腫瘍との鑑別に苦慮した壁外発育型下行結腸癌の1例 長谷川誠
2019/11/30 第14回関西ヘルニア研究会 鼠径ヘルニアに対するONSTEP法55例の検討 中田 健
2019/12/5 第32回日本内視鏡外科学会総会 S状結腸憩室炎に伴うS状結腸膀胱瘻に対する腹腔鏡下手術の安全性・有用性の検討 加藤一哉
2019/12/5 第32回日本内視鏡外科学会総会 腹壁瘢痕ヘルニアと両側鼠径ヘルニアに対し腹腔鏡下で一期的に修復し得た一例 長谷川誠
2019/12/5 第32回日本内視鏡外科学会総会 90歳以上の超高齢者における腹腔鏡下大腸癌手術の治療成績 大原信福
2020/2/8 第37回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 ロボット支援下後腹膜経路ストーマ造設術の経験』/口演17-2(2020年2月8日、静岡) 中田 健
2020/7/15 リリーCRC Interactive Seminar 進行大腸癌セカンドラインの選択肢 中田 健
2020/9/12 第203回近畿外科学会アフタヌーンセミナ- 大腸癌化学療法-後半戦の組み立て方 中田 健
2020/9/26 第33回近畿内視鏡外科研究会 アームの干渉を起こさない下腸間膜動脈周囲の郭清手技-ポート配置と展開の工夫‐ 中田 健
2020/9/26 第33回近畿内視鏡外科研究会 直腸癌膀胱浸潤に対してロボット支援下骨盤内臓全摘を行った1例 泉谷 祐甫
2020/9/26 第33回近畿内視鏡外科研究会 直腸悪性黒色腫に対し腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した1例 晃野秀梧
2020/9/26 第33回近畿内視鏡外科研究会 腹腔鏡下右側結腸癌手術における体腔内Delta吻合の検討 三宅祐一朗
2020/9/28 タケダ南大阪キャンサーチームカンファレンスWEB Unfit進行大腸癌患者に対する集学的治療戦略 中田 健
2020/10/6 バイエルスチバーガCRC WEB カンファレンス 最大限の治療効果を引き出すためのスチバーガ投与の工夫 中田 健
2020/10/9 第74回手術手技研究会 ロボット支援下直腸癌手術における脾彎曲部授動の工夫 中田健
2020/10/24 第58回日本癌治療学会学術集会 ロボット支援下直腸癌手術における中枢側リンパ節郭清手技の検討 中田健
2020/10/24 第58回日本癌治療学会学術集会 直腸癌膀胱浸潤に対してロボット支援下骨盤内臓全摘を行った1例 泉谷 祐甫
2020/10/24 第58回日本癌治療学会学術集会 直腸悪性黒色腫に対し腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した1例 晃野秀梧
2020/10/29 第82回日本臨床外科学会総会 当院における鼠径ヘルニアに対するONSTEP法の検討 三宅祐一朗
2020/11/18 CRCC大阪南部 当院におけるザルトラップの使用経験 中田 健
2020/12/5 第6回がん地域連携クリニカルパス研修会 WEBで繋がるこれからの病診連携 中田 健
2020/12/11 第26回Osaka Cancer Care Forum がん治療の先を見据えた緩和ケア 中田 健
2020/12/17 第75回日本消化器外科学会総会 Componets separarion法による腹壁再建の有用性と安全性の検討 加藤 一哉

検索