TEL 072-272-1199

FAX 072-272-9911

〒593-8304
堺市西区家原寺町1丁1番1号

外来受付のご案内

受付時間

8:15~11:00

休診日

土日祝・年末年始

メニューを閉じる

診療科産婦人科

更新日:

救急を含む産婦人科疾患全般に常時対応させていただいております。また、かかりつけの医院・診療所との連携を密にとり、子宮がん検診や投薬などはできるだけかかりつけ医で受けていただき、効率的な治療を受けていただけるよう努力しております。

産婦人科部長
山本 敏也

対応疾患

産婦人全般 ただし不妊治療に関しては体外授精等の生殖医療は行っておりませんので、近隣専門施設の受診を勧めます。 悪性腫瘍に関しては、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを中心に治療をおこなっています。 子宮頸部異形成(中等度まで)に対しては、レーザー治療(外来)もおこなっています。 また、子宮内膜ポリープや子宮粘膜下筋腫に対する子宮鏡検査(外来)、子宮鏡下手術(入院)もおこなっています。
子宮頸がん <診断> まずコルポスコープ下に生検を行い、がんの組織診断を行ないます。次に、浸潤癌であれば内診にMRI、CTの画像検査を加え、進行期を診断します。 <治療> 手術療法または放射線治療が選択されますが、両者の併用、さらには化学療法を併用することもあります。基本的には子宮頸癌ガイドラインにのっとって治療方針を決定しています。IA1期までの早期癌で、子宮温存を希望されれば子宮頚部円錐切除術による子宮温存治療を行なっています。最近は、若年者の子宮頸がんが増加傾向にあり円錐切除術の実施件数が増加しています。
子宮体がん <診断> 内膜掻破を行い、がんの組織診断を行います。次に、内診にMRI、CTの画像検査を加え、進行期を推定します。最終的には、手術後の病理検査結果により進行期を診断します。 <治療> 子宮体がんの治療は、手術療法が主となります。進行度により術式は異なります。基本的には子宮体癌ガイドラインにのっとって治療方針を決定しています。早期癌に対しては、低侵襲手術である内視鏡下手術(ロボット支援下手術を含む)も行っています。術手術後の病理検査結果により、必要に応じて放射線治療や化学療法を追加します。
卵巣がん <診断> 術前に組織診断を行うことができないので、通常手術によって腫瘍を摘出することにより確定診断を行い、あわせて進行期も診断します。 <治療> 基本的には卵巣癌ガイドラインにのっとって治療方針を決定しています。手術中に迅速病理診断を行い、がんの確定診断がなされれば、原則、子宮・両側卵巣・大網摘出を行います。また、骨盤内・傍大動脈のリンパ節郭清術も必要に応じて行います。ただし、がんの進行度によっては標準手術を行えない場合もしばしばあり、その場は可能な限り腫瘍の摘出を行います。術後は、化学療法を行い、初回手術で腫瘍の完全摘出ができなかった場合、再度腫瘍摘出手術を行います。

実績

2019年度
(産科)
分娩件数 329
 うち帝王切開 58
  うち予定帝王切開 35
  うち緊急帝王切開 23
  帝王切開率 17.6%
(婦人科)
子宮筋腫 71
卵巣腫瘍(良性) 123
卵巣腫瘍(悪性) 22
子宮頸がん 13
子宮体がん 25
子宮脱 7
異所性妊娠 26
円錐切除術 83

研究発表

令和元年度

開催日 学会等 演題 演者
4月11日-4月14日 第71回日本産科婦人科学会 子宮体部脱分極癌の1例 兪 史夏・石井 沙季・織田 舞 梅田 杏奈・角田 守・竹田 満寿美 横山 拓平・福井 温・宮西 加寿也 棟方 哲・山本 敏也
4月11日-4月14日 第71回日本産科婦人科学会 気胸を契機に診断された低異型度子宮内膜間質肉腫の1例 西本 真由子 三武 普・石井 沙季 織田 舞・角田 守・竹田 満寿美 兪 史夏・横山 拓平・福井 温 宮西 加寿也・棟方 哲・山本 敏也
4月11日-4月14日 第71回日本産科婦人科学会 卵巣癌高齢者患者に対する化学療法の副作用および予後に関する若年者患者との比較検討 角田 守・石井 沙季・ 織田 舞・梅田 杏奈・竹田 満寿美・兪 史夏 横山 拓平・福井 温・宮西 加寿也 山本 敏也
4月11日-4月14日 第71回日本産科婦人科学会 若年発生した卵巣原発低異型度子宮内膜間質肉腫の1例 石井 沙季・竹田 満寿美・織田 舞 梅田 杏奈・角田 守・兪 史夏 横山 拓平・福井 温・宮西 加寿也 棟方 哲・山本 敏也
4月11日-4月14日 第71回日本産科婦人科学会 治療中に眼窩内転移を認めた子宮頸部扁平上皮癌の一例 織田 舞・角田 守・石井 沙季 梅田 杏奈・竹田 満寿美・兪 史夏 横山 拓平・福井 温・宮西 加寿也 棟方 哲・山本 敏也
6月7日-6月9日 第60回日本臨床細胞学会総会(春季大会) LBC検体を用いた子宮内膜細胞診精度向上のための免疫染色・遺伝子解析の応用 棟方 哲・佐々木 伸也・高瀬 未穂  山内 里紗・鈴木 雄策・茂山 かおり 岡村 友香里・伊東 良太・山本 敏也
6月15日-6月16日 第140回近畿産科婦人科学会 当院における早期子宮体癌に対するロボット支援下腹腔鏡下子宮体癌根治術の導入 角田 守・石井 沙季・織田 舞 梅田 杏奈・竹田 満寿美・兪 史夏  横山 拓平・福井 温 宮西 加寿也・棟方 哲・山本 敏也
7月4日-7月6日 第61回日本婦人科腫瘍学 卵巣漿液粘液性腫瘍(seromucinous tumor)における免疫組織・遺伝子学的検討 棟方 哲・山本 敏也
7月4日-7月6日 第61回日本婦人科腫瘍学 セルブロックによる胸水細胞の検索にて確定診断されたIVA期Dysgerminomaの1例 織田 舞・兪 史夏・石井 沙季 角田 守・梅田 杏奈・竹田 満寿美 横山 拓平・福井 温・宮西 加寿也 棟方 哲・山本 敏也
7月4日-7月6日 第61回日本婦人科腫瘍学 茎捻転を契機に診断された卵巣混合型胚細胞腫瘍の1例 石井 沙季・角田 守・織田 舞 梅田 杏奈・竹田 満寿美・兪 史夏 横山 拓平・福井 温・宮西 加寿也 棟方 哲・山本 敏也
10月10日-10月12日 The 6th Biniel Meeting of Asian Society of Gynecologic Oncology A case of ovarian mixed germ cell tumor with torsion Saki Ishii・Mai Orita・Mamoru Kakuda Anna Umeda・MasumiTakeda Saha Yoo・Takuhei Yokoyama On Fukui・Kazuya Miyanishi Satoru Munakata・Toshiya Yamamoto
10月10日-10月12日 The 6th Biniel Meeting of Asian Society of Gynecologic Oncology A case of squamous cell carcinoma of unknown primary site Koichiro Lee・Mamoru Kakuda Mayuko Kato・Saki Ishii・Mai Orita Saha Yoo・Takuhei Yokoyama On Fukui・ Kazuya Miyanishi Satoru Munakata・Toshiya Yamamoto
11月10日-11月14日 The 6th Biniel Meeting of Asian Society of GynThe 26th Asisa and Oceania Federation of Obstetrics and Gynecology Congress ecologic Oncology A case of primary retroperitoneal low-grade ESS with a metastatic pulmonary lesion Mayuko Kato・Takuhei Yokoyama Koichiro Lee・Saki Ishii Mai Orita・Mamoru Kakuda Masumi Takeda・Saha Yoo・On Fukui Kazuya Miyanishi・ Satoru MunakataToshiya Yamamoto
11月10日-11月14日 The 6th Biniel Meeting of Asian Society of GynThe 26th Asisa and Oceania Federation of Obstetrics and Gynecology Congress ecologic Oncology A case of the orbital metastasis from the uterine cervical cancer Mai Orita・Mamoru Kakuda Koichiro Lee・Saki Ishii・Masumi Takeda・Saha Yoo・Takuhei Yokoyama On Fukui・Kazuya Miyanishi Satoru Munakata・Toshiya Yamamoto
9月21日 第32回近畿内視鏡外科研究会 症例の限られた施設における内視鏡外科手術教育での取り組み 角田 守
9月21日 第32回近畿内視鏡外科研究会 右卵巣と後腹膜に成熟嚢胞性奇形腫を認め、腹腔鏡下に同時外科的手術を行った一例 織田 舞

施設認定

・母体保護法指定医研修機関
・日本産科婦人科学会認定医制度卒後研修指導施設
・日本婦人科腫瘍学会指定修練施設
・日本産科婦人科内視鏡学会修練施設

原著、総説、著書

題名 著者 著書・誌名
2019 ベバシズマブによる長期維持療法が有効であった進行卵巣癌の1例 加藤 真由子・李 紘一郎 石井 沙希・織田 舞  角田 守・竹田 満寿美 兪 史夏・横山 拓平 福井 温 ・宮西 加寿也 棟方 哲・山本 敏也 堺市立総合医療センター医学雑誌
2019 パクリタキセル・カルボプラチン・ベバシズマブによる化学療法が奏功した原発不明の扁平上皮癌の1症例 李 紘一郎・角田 守・加藤 真由子 石井 沙季・織田 舞・兪史夏 横山 拓平・福井 温・宮西 加寿也 棟方 哲 ・山本 敏也 堺市立総合医療センター医学雑誌

検索