TEL 072-272-1199

FAX 072-272-9911

〒593-8304
堺市西区家原寺町1丁1番1号

外来受付のご案内

受付時間

8:15~11:00

休診日

土日祝・年末年始

メニューを閉じる

診療科皮膚科

更新日:

皮膚疾患の原因検索や治療から予防まで

当院皮膚科は日本皮膚科学会専門医研修指定施設であり、また地域の基幹病院として近隣の病院やクリニック・医院と連携した医療を重視しています。救急症例、難治疾患にも真摯に対応し、地域医療への貢献を目指します。皮膚の症状改善のみでなく、発症原因の検索や今後の再発再燃予防まで、患者さまとともに向き合って参ります。

皮膚科部長
田中 文

対応疾患

皮膚良性・悪性腫瘍 皮膚良性・悪性腫瘍の診断、集学的治療(一部他科と連携あり)
難治性皮膚潰瘍 血液検査、画像検査や生検での診断と加療
感染症 入院加療に対応(帯状疱疹、蜂窩織炎、丹毒など)
蕁麻疹、アレルギー 原因検索と抗体治療を含む各種治療のほか、日常生活での注意点などの検討
アトピー性皮膚炎 悪化要素の検索、スキンケア指導および生物学的製剤を含む各種治療
薬疹 パッチテスト、プリックテストでの診断 重症例は入院加療
水疱症・膿疱症 生検、血液検査での診断 重症例は入院加療
乾癬・関節症性乾癬 生物学的製剤を含め、症状に応じて治療法を選択

特色・強み

・種々の良性悪性腫瘍に対し、ダーモスコピーや表在エコーによる補助診断や皮膚生検による病理組織診断を行います。悪性腫瘍は外科的治療、化学療法、放射線治療を適宜院内各科と連携して行います。(悪性黒色腫への免疫チェックポイント阻害薬などを含めた集学的治療も行っています。)
・生物学的製剤使用承認施設であり、乾癬・関節症性乾癬やアトピー性皮膚炎に対する生物学的製剤治療が可能です。
・重症薬疹、水疱症などの重症例は入院の上でステロイドパルス療法や大量ガンマグロブリン療法などを行います。
・アレルギー検査としてパッチテスト、プリックテスト(アナフィラキシーの検査は入院必要)などを行います。

主な手術・検査・設備等

ダーモスコピー

皮膚色素性病変を拡大して観察し、診断します。

皮膚生検

皮膚を一部採取して病理組織診断を行い、治療方法を決定します。

手術(外来)

皮膚皮下腫瘍摘出を通院で局所麻酔下で行います。

手術(入院)

手術の程度によっては入院で加療します。

実績

2018年度 2019年度
皮膚良性・悪性腫瘍(手術) 101 156
化学療法・がん免疫療法 9 9
皮膚感染症(入院) 65 125
バイオ導入(乾癬) 4 5
バイオ導入(アトピー) 1 6
自己免疫性水疱症(入院) 3 4
薬疹(入院) 12 23
生検件数 253 364
ダーモスコピー件数 103 139

研究発表

令和元年度

開催日 学会等 演題 演者
6月6日-6月9日 第118回日本皮膚科学会総会 当院における免疫グロブリン大量療法後に血小板減少をきたした水疱性類天疱瘡の検討 山下 千佳紗・田中 文・白井 洋彦
6月15日 堺市 堺市薬剤師会研修会 アトピー性皮膚炎の病態と治療~標準治療と最近のトピックス~ 田中 文
7月18日 当院内会議室 Web病診連携の会(近隣診療所対象) 過酸化ベンゾイル、アダパレンの効果が期待できる疾患・当院皮膚疾患センターのご紹介 田中 文
7月24日 堺市 サノフィ社員研修会 アトピー性皮膚炎 当院での取り組みと最近のトピックス 田中 文
9月7日-9月8日 第71回日本皮膚科学会西部支部学術大会 SLEに合併した片側性肢端紅痛症の一例 文 省太・菊澤 千秋・日野上 はるな 田中 文
10月5日-10月6日 第70回日本皮膚科学会中部支部学術大会 小児皮膚筋炎の一例 菊澤 千秋・文 省太・田中 文 白井 洋彦・馬場 皆人・岡村 隆行
10月26日 第475回日本皮膚科学会大阪地方会 露光部優位の浮腫性紅斑及び両上肢の浮腫を認めた抗TIF-γ抗体陽性皮膚筋炎の一例 文 省太・菊澤 千秋・日野上 はるな 田中 文・平山 健寛・中林晃彦
11月2日 堺市 アトピー性皮膚炎 チーム医療セミナー(近隣病院診療所対象) アトピー性皮膚炎の診断と治療 当院での取り組みと目指す役割 田中 文
11月21日 当院内会議室 堺市皮膚科医会 当科におけるアトピー性皮膚炎の治療について 田中 文
12月5日 堺市 アメナリーフweb病診連携の会(近隣診療所対象) 堺市立総合医療センター皮膚科における帯状疱疹治療・当院皮膚科のご案内 田中 文
12月7日 第476回日本皮膚科学会大阪地方会 片側性に慢性持続性の眼瞼腫脹を生じた1例 菊澤 千秋・文 省太・田中 文 伊東 良太
2月1日 第477回日本皮膚科学会大阪地方会 T細胞優位の皮膚病変を認めたMTX関連リンパ増殖性疾患の一例 文 省太・菊澤 千秋・田中 文 枡田 元

原著、総説、著書

題名 著者 著書・誌名
2019 シェーグレン症候群に合併した皮膚AAアミロイドーシス 山下 千佳・田中 文・白井 洋彦・園延 尚子 皮膚病診療
2019 Localized cutaneous adverse event induced by Anastrozole as adjuvant treatment for breast cancer: a case report. Tanaka A・Yamashita C・Hinogami H Shirai H・Yamamura J Case Rep Dermatol.
2019 Case of dermatomyositis during treatment with pembrolizumabfor lung cancer. Hinogami H・Yamashita C・Tanaka A Shirai H・Nakano Y・Matuura Y J Dermatol
2019 Alogliptin-induced bullous pemphigoid associated with HLA-DQB1*03:01: a case report Takada Y・Higashiyama M・Tanaka A Suzuki S・Miura H・Fujiwara S Int J Dematol
2020 Cytomegalovirus-induced vasculopathy and anogeniral skin ulcers in a patient withmultiple myeloma. Tanaka A・Yamashita C・Hinogami H Shirai H・Matsuura A JAAD case reports.
2020 Symmetrical drug-related intertriginous and flexural exanthema (SRRIFE)と考えられる薬疹 山下 千佳紗・田中 文・白井 洋彦・浜田 禅 皮膚病診療

地域の医療関係者の方へ

腫瘍や母斑、潰瘍などで、どの科に紹介するか判断が難しい場合は皮膚疾患センター宛てにご紹介下さい。まず皮膚科で診察し、症状に合わせて皮膚科または形成外科、必要であれば同日に双方の科で対応いたします(それ以外の科との連携は同日に行えないことがあります)。皮膚疾患センターは通常診察日午前9時30分での診察予約となります。

地域の患者さんへ

皮膚のトラブルは、生活の質を大きく低下させます。適切な診断、投薬のみではなく、原因検索や今後の予防対策など患者様と我々スタッフが協力してよりよい治療を進め、患者様のQOLの向上を目指したいと思います。

検索