TEL 072-272-1199

FAX 072-272-9911

〒593-8304
堺市西区家原寺町1丁1番1号

外来受付のご案内

受付時間

8:15~11:00

休診日

土日祝・年末年始

メニューを閉じる

診療支援部門リハビリテーション技術科

更新日:

最新のリハビリテーションを実施できる体制を整え実施しています。

当院のリハビリテーション技術科は「私らしさ」を支えるためのリハビリテーションを提供するを科内の理念にかかげ、必要とする患者さんが一日も早く機能改善が得られるように、最新のリハビリテーションを実施できる体制を整え実施しています。

松川 訓久まつかわ のりひさ

体制

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、各診療科の依頼に基づき各種療法を行います。また、今後は疾病の一次予防にも各療法士が積極的に関わっていきます。

スタッフ数:理学療法士 19名、作業療法士 6名、言語聴覚士 8名

施設基準

  • 心大血管疾患リハビリテーション料 Ⅰ
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料 Ⅰ
  • 廃用症候群リハビリテーション料 Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料 Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料 Ⅰ
  • がん患者リハビリテーション料

各種認定資格取得者(より質の高いリハビリテーションを提供するために、認定資格等の取得に精力的に取り組んでいます。)

  • 3学会合同呼吸療法認定士 6名
  • 心臓リハビリテーション指導士 1名
  • 心不全療養指導士 1名
  • (公社)日本理学療法士協会認定 認定理学療法士(脳卒中) 1名
  • (公社)日本理学療法士協会認定 認定理学療法士(呼吸) 1名
  • (公社)日本理学療法士協会認定 認定理学療法士(循環) 2名
  • (公社)日本理学療法士協会認定 認定理学療法士(管理運営) 1名
  • 呼吸ケア指導士 1名
  • 認知症ケア専門士 1名
  • 福祉住環境コーディネーター2級 1名
  • 身体障がい者スポーツ指導員(中級) 1名
  • リンパ浮腫複合的治療実技研修会試験修了 1名
  • がんのリハビリテーション研修修了 22名
  • がんのリハビリテーションインセンティブコース修了 1名
  • 地域ケア会議推進リーダー 2名
  • 介護予防推進リーダー 2名
  • 堺市立総合医療センター緩和ケア研修会/PEACE修了 2名

業務内容

理学療法

病気や怪我によって運動機能が低下した人や低下が予想される人を対象としています。基本動作能力(寝返る、座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および低下予防を目的に、運動療法(筋力増強訓練や歩行練習など)や物理療法(温熱療法や寒冷療法、電気刺激)などを用いて理学療法を行います。

特色

当院は三次救急を担い、急性期治療を中心とした病院です。集中治療室(ICU)に入室している段階から医師や看護師と協力し積極的な理学療法を行っています。また、対象診療科は多岐にわたり、整形外科疾患・脳外科疾患・神経内科疾患・呼吸器疾患・循環器疾患・がんなど、幅広い疾患に対して理学療法を実施しています。

作業療法

作業療法とは病気や怪我により身辺動作(食事、排泄、整容、更衣、入浴)や家事といった日常生活動作が困難になった方に対して、生活していくために必要な動作や社会に適応するための能力の回復を目指し、治療を行います。内容としては、直接的な動作の練習や作業活動を用いて機能回復を図るなどの訓練や、身体の残存機能を最大限活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰を目指した訓練を行います。また、退院後の自宅生活が送りやすいように福祉用具の提案や相談も行います。

特色

脳血管疾患、整形疾患で入院した患者さんに対して発症後・手術後より、ベッド周囲の環境調整から開始して、食事、トイレ、整容などの日常生活動作の獲得を目指します。手の外傷の患者さんには、必要に応じて装具の作成も行います。呼吸器疾患で酸素導入時が必要な患者さんには、入浴動作や更衣動作などの酸素化評価や、動作指導を含めた呼吸リハビリを行います。

言語聴覚療法

コミュニケーションの問題(失語症、構音障害、音声障害、高次脳機能障害など)や飲み込みの問題(摂食・嚥下障害)のある方に対し、評価を実施し、訓練や指導、その他の援助を行います。

特色

耳鼻咽喉科と連携しながら嚥下内視鏡検査(VE)や嚥下造影検査(VF)を積極的に行っています。集中治療室(ICU)より早期に介入し、手術後、抜管直後の嚥下評価を行っています。

対象疾患

←表を左右にスクロールできます→

整形外科疾患 多発外傷、脊髄損傷、骨折、脱臼、変形性関節症、頚髄症、脊柱管狭窄症、関節リウマチ、腱損傷、末梢神経損傷、手指切断 など
脳外科疾患 脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、水頭症、頭部外傷 など
神経内科疾患 パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、運動ニューロン疾患、脊髄小脳変性症 など
呼吸器疾患 COPD、間質性肺炎、肺がん、誤嚥性肺炎 など
循環器疾患 心筋梗塞、心不全、弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離 など
がん 胃がん、食道がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、乳がん、肺がん、舌がん、咽頭がん、喉頭がん、甲状腺がん、血液がん など
耳鼻咽喉科疾患 重度の嚥下障害に対する声門閉鎖術前後 など
その他疾患 腎不全、糖尿病、廃用症候群 など

主な検査・設備

エルゴメーター

CPX

ADLシュミレーション機器

起立台

超音波

極超短波

低周波

渦流浴

ホットパック

ハンドヘルドダイナモメーター

牽引装置

letto II

チーム医療

リハビリテーションを実施していく上で、多職種との連携が必須となります。患者さん、ご家族を含め関係する多くのスタッフとともに、当科の理念である「私らしさ」を支えるためのリハビリテーションが実践できるように日々取り組んでおります。

新人教育

当院では3年間の新人教育期間を設定し、教育に力を入れています。

教育目標

  • 1年目:危険予測ができる(科内で情報交換ができる)
  • 2年目:危険予測をし、実行する(他職種に申し送りができる)
  • 3年目:リスク管理の徹底(多職種間でディスカッションができる)

教育体制

チューターシップを導入し、各新人スタッフに対して相談相手(チューター)を配置し、仕事の仕方、学習方法、悩みごとなどの精神面、生活など幅広い相談・支援が行える環境を作っています。教育はそれぞれの専門チームが行い、幅広い知識や専門性を習得していきます。また、目標達成シートを使用しての評価を定期的に行い、他者評価と自己評価を照らし合わせることで今の自分の弱点や成長度合を確認し、今後の教育指導に活かすようにしています。

実績

←表を左右にスクロールできます→

検査等の名前 2018年度 2019年度 2020年度
心大血管リハビリテーション料 9,401単位 11,535単位 7,355単位
脳血管疾患等リハビリテーション料 23,341単位 24,569単位 29,772単位
廃用症候群リハビリテーショ料 21,505単位 25,930単位 16,784単位
運動器リハビリテーション料 20,141単位 19,522単位 14,685単位
呼吸器リハビリテーション料 10,244単位 11,430単位 14,700単位
がんリハビリテーション料 3,875単位 2,890単位 5,915単位

研究発表

←表を左右にスクロールできます→

開催日 学会等 演題 演者
2019/6/6~7 日本外傷学会 多発肋骨骨折に対する鎮痛プロトコールを使用した当院での取り組み 木村 純子
2019/6/27~28 16th NR-SIG-WFNR Conference and 15th SANP Congress Discourse analysis for Japanese people with TBI
Why their communications are incomprehensible?
M.Fujiwara
2019/9/14 関西がんチーム医療研究会 サルコペニア患者に対する周術期嚥下リハビリテーションの取り組み 藤原 麻美子
2019/10/5~6 がん理学療法研究会  サルコペニアを有する癌患者への術前理学療法の取り組みについて 松川 訓久
2019/11/11~12 呼吸ケア・リハビリテーション学会  多職種協働により早期から理学療法を実施できた体外式膜型人工肺からの離脱症例 小森 清伸
2020/2/9 大阪府理学療法士会 南支部 新人症例発表会 脳腫瘍で右片麻痺を呈した症例に対する動的立位バランス練習の検討~運動学習に着目して~ 阪田 香穂子
2020/2/9 大阪府理学療法士会 南支部 新人症例発表会 重症ギラン・バレー症候群の症状増悪を繰り返した症例 桂 智哉
2020/7/28 日本外傷学会雑誌 Vol.34 No.4 pp111-114 2020 多発肋骨骨折患者における疼痛指標としてインセンティブスパイロメータの有効性 木村 純子

患者さんへ

当院のリハビリテーションは入院患者さんのリハビリテーションを中心に行っております。必要な患者さんには外来でのリハビリテーションも実施しますが、当院の各診療科からの紹介が必要となります。リハビリテーションのみの実施はしておりません。

実務実習を希望される学生へ

2019年度は理学療法部門 2校受け入れ、作業療法部門 1校受け入れ、言語聴覚部門 2校受け入れを行いました。

検索