堺市立総合医療センターは
2023年7月1日で創立100周年

あと90

堺市立病院機構 理事長

門田 守人

理事長メッセージ

今から100年前の大正12年7月1日、宿院町東3丁の顕本寺境内に、内科、外科、産婦人科、放射線科の4科をもって「堺市立公民病院」が開設されました。健康保険制度がまだ整備される前の病院で、一般市民には実費診療を、生活困窮者には無償で医療を提供することを目的としたものであったそうです。

そして、この度、創立100周年の記念すべき年を迎えることができました。これもひとえに皆様方のご支援とご協力の賜物で、心より感謝申し上げます。

我々は、創立100周年のこの機会に過去の歴史を振り返り、反省し、検証して、これからの新しい100年に向けての公立病院のあるべき姿を市民の皆様と共に考えていきたいと思います。どうぞご協力よろしくお願いいたします。

堺市立総合医療センター 院長

大里 浩樹

院長メッセージ

当院は大正12年に創立し、令和5年7月1日に記念すべき100周年を迎えます。100年の歴史の中で、さまざまな試練を経験しながらも、その都度、不死鳥のようによみがえり、現在の堺市立総合医療センターに至ることができたのも、ひとえに市民の皆様や地域の医療機関の方々のご理解とご支援の賜物です。それとともに、この100年間、当院に貢献していただいた先輩職員のたゆまぬ努力のおかげと感謝しています。

これから日本は世界に類を見ない少子高齢社会に突入し、病院の舵取りはますます難しくなりそうです。そのような中、地域の医療機関と連携しながら、職員一致団結して堺市民皆様の健康に貢献してまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。

記念動画

picture icon

堺市立総合医療センター 100年の歩み

左右にスクロールできます

歴代理事長歴代院長

病院の出来事

堺市の出来事

日本世界の出来事

金井 徳二郎

初代院長

金井 徳二郎

(大12.6〜昭8.5)

1923 (大正12年)

7月堺市宿院町東3丁 顕本寺境内に堺市立公民病院を開設

picture
創立時の堺市立公民病院
picture
堺市公民病院正月記念撮影(昭和8年)
大正 元年 十五年
1923 (大正12年)

堺市公民病院(現在の堺市総合医療センター)が開院

関東大震災

南 廣憲

二代院長

南 廣憲

(昭8.5〜昭9.8)

武 鈺宜

三代院長

武 鈺宜

(昭10.1〜昭11.1)

樋口 巌

四代院長

樋口 巌

(昭11.1〜昭26.4)

牧野 寅三

五代院長

牧野 寅三

(昭26.4〜昭35.4)

王子 喜一

六代院長

王子 喜一

(昭35.12〜昭48.2)

西野 信夫

七代院長

西野 信夫

(昭48.3〜昭54.3)

渡邉 直寛

八代院長

渡邉 直寛

(昭54.4〜昭60.3)

柳谷 幸敏

九代院長

柳谷 幸敏

(昭60.4〜昭62.3)

湯浅 亮一

十代院長

湯浅 亮一

(昭62.5〜平6.3)

1933 (昭和8年)

5月市立堺市民病院と改称

1934 (昭和9年)

6月火災により焼失

7月材木町東3丁 妙国寺境内に臨時診療所を開設

9月室戸台風による関西大風水災害にて臨時診療所被災

picture picture
妙国寺の臨時診療所時代
1938 (昭和13年)

9月宿院町西2丁に市立堺市民病院を再建

picture
市立堺市民病院復興落成記念絵はがき(昭和13年)
picture
市立堺市民病院(昭和15年)
1944 (昭和19年)

9月市立堺市民病院の木造建築物
強制疎開のため撤去

1945 (昭和20年)

7月戦火による損傷が甚だしく、府立堺中学校
(現府立三国丘高等学校)内に仮診療所を設置

picture
堺空襲後の大道筋の阪堺線
左側のビルが堺病院(昭和20年)

10月東館が復旧、診療を開始

picture
戦災による病院復旧作業(昭和21年8月)
1951 (昭和26年)

3月中館増築工事竣工

picture

4月市立堺病院と改称

1957 (昭和32年)

4月西館及び併設伝染病棟施工

8月医療法に基づく総合病院となる

picture
病院全景(昭和33年12月)
1970 (昭和45年)

2月救急告示病院に認定

1972 (昭和47年)

4月臨床研修病院に指定

1979 (昭和54年)

3月市立堺病院運営審議会より
「市立堺病院の運営のあり方について」最終答申

1988 (昭和63年)

7月市立堺病院新築計画基本構想 策定

昭和 元年 六十四年
1927 (昭和2年)

阪堺大橋が完成

東京に地下鉄開通

1929 (昭和4年)

世界恐慌

1931 (昭和6年)

1929年3月より1931年3月にかけて『堺市史』刊行

1934 (昭和9年)

室戸台風が堺市を直撃し、400人超の死者が出る

室戸台風

1937 (昭和12年)

日中戦争

1941 (昭和16年)

太平洋戦争

1944 (昭和19年)

堺市役所が堺東に移転

1945 (昭和20年)

堺大空襲。死者1,800人を超える

原爆投下終戦

1946 (昭和21年)

日本国憲法公布

1949 (昭和24年)

湯川秀樹ノーベル物理学賞受賞

1950 (昭和25年)

ジェーン台風が堺市を直撃

朝鮮戦争勃発

1956 (昭和31年)

浅香山浄水場(現:浅香山配水場)のツツジの一般公開(通り抜け)を開始

日本の国連加盟承認

1957 (昭和32年)

アジアかぜ大流行

1958 (昭和33年)

東京タワー完成
国民健康保険法公布

1960 (昭和35年)

カラーテレビ放送開始

1961 (昭和36年)

第二室戸台風が堺市を直撃

与謝野晶子の歌碑が生家跡にできる

国民皆保険達成

1964 (昭和39年)

泉北ニュータウン着工

1965 (昭和40年)

堺市民会館が開館

1966 (昭和41年)

金岡ニュータウン(新金岡団地)が街開き

1967 (昭和42年)

世界初心臓移植手術(南アフリカ)

1968 (昭和43年)

小笠原諸島返還

1969 (昭和44年)

アポロ11号月面着陸

1970 (昭和45年)

阪神高速道路堺線が開通

大阪万博開催

1972 (昭和47年)

大泉緑地が開園

沖縄返還

1973 (昭和48年)

オイルショック

1974 (昭和49年)

堺まつりが始まる
第1回堺まつり開催

1975 (昭和50年)

堺市民オリンピックが始まる
第1回堺市民オリンピック開催

1982 (昭和57年)

台風10号が堺市を直撃
大和川が氾濫し、大きな被害が出る

1986 (昭和61年)

チョルノービリ(チェルノブイリ)事故

1987 (昭和62年)

地下鉄御堂筋線が中百舌鳥まで延伸

国鉄民営化、JR発足

松永 享

十一代院長

松永 享

(平6.4〜平7.12)

木谷 照夫

十二代院長

木谷 照夫

(平8.5〜平11.3)

里見 隆

十三代院長

里見 隆

(平11.4〜平14.3)

岡田 伸太郎

十四代院長

岡田 伸太郎

(平14.4〜平16.3)

古河 洋

十五代院長

古河 洋

(平16.4〜平24.3)

北村 惣一郎

初代理事長

北村 惣一郎

(平24.4〜平28.3)

金万 和志

十六代院長

金万 和志

(平24.4〜平28.3)

門田 守人

二代理事長

門田 守人

(平28.4〜現在)

花房 俊昭

十七代院長

花房 俊昭

(平28.4〜令2.3)

1995 (平成7年)

1月阪神・淡路大震災発生 医療救護班派遣

1996 (平成8年)

3月市立堺病院憲章制定

7月腸管出血性大腸菌O157診療に対応

10月南安井町1丁に移転

picture
picture
1997 (平成9年)

3月災害拠点病院に指定

1998 (平成10年)

3月日本医療機能評価機構による認定

2000 (平成12年)

7月病院ボランティア制度導入

2003 (平成15年)

10月新医師臨床研修制度による管理型臨床研修病院に指定

2004 (平成16年)

10月電子カルテ本格稼働

2007 (平成19年)

1月DMAT(災害派遣医療チーム)登録配備

picture
DMAT訓練(平成19年)
2011 (平成23年)

3月東日本大震災発生 DMAT派遣

picture

6月ドクターカー運用開始

picture
2012 (平成24年)

4月地方独立行政法人へ移行
地方独立行政法人 堺市立病院機構 市立堺病院と改称

picture
2014 (平成26年)

8月地域がん診療連携拠点病院に指定

2015 (平成27年)

7月西区家原寺町1丁へ移転
地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センターへ改称

picture

三次救急医療機関に認定
手術支援ロボット「da Vinci(ダビンチ)Xi」導入

2016 (平成28年)

4月熊本地震発生 DMAT派遣

5月卒後臨床研修評価機構(JCEP)による認定

2018 (平成30年)

4月DPC特定病院群(大学病院本院に準ずる機能を有する)に指定

平成 元年 三十一年
1989 (平成元年)

ベルリンの壁崩壊

一般消費税導入(3%)

1990 (平成2年)

東西ドイツ統一

1991 (平成3年)

湾岸戦争

バブル崩壊

1994 (平成6年)

関西国際空港開港

1995 (平成7年)

阪神淡路大震災

地下鉄サリン事件

1996 (平成8年)

中核市へ移行

堺市の小学校33校で病原性大腸菌O157による集団食中毒が発生

市立堺病院が移転、新装開院

2001 (平成13年)

米国同時多発テロ事件

2003 (平成15年)

イラク戦争

新型肺炎世界的流行

2004 (平成16年)

スマトラ沖地震

2005 (平成17年)

南河内郡美原町を編入

2006 (平成18年)

政令指定都市移行、
区制施行 堺市政令指定都市へ

2007 (平成19年)

京都大学の山中伸弥らのグループが人工多能性幹細胞(iPS細胞)を生成する技術を発表

2008 (平成20年)

リーマンショックによる世界金融危機

2009 (平成21年)

世界最大級のシャープ堺工場が操業

ニューヨークのハドソン川に米旅客機が不時着

オバマ米大統領がノーベル平和賞を受賞

2010 (平成22年)

堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター(J-GREEN堺)オープン

2011 (平成23年)

東日本大震災

2012 (平成24年)

東京スカイツリーが完成

日本で金環日食を観測

2013 (平成25年)

2020年夏季五輪の東京開催が決定

2014 (平成26年)

堺市民会館が老朽化により閉館

あべのハルカスが開業

富岡製糸場の世界文化遺産登録が決定

エボラ出血熱世界的流行
世界初のiPS細胞の臨床適用

2016 (平成28年)

熊本地震

2018 (平成30年)

大阪北部地震へのDMAT 派遣

台風21号が関西を縦断

2019 (平成31年)

新元号が「令和」に決定

大里 浩樹

十八代院長

大里 浩樹

(令2.4〜現在)

2020 (令和2年)

2月新型コロナウイルス感染症対策本部設置
新型コロナウイルス感染症入院患者初受入

picture
新型コロナウイルス感染症への対応(令和2年)

4月疾病予防管理センター設置

2022 (令和4年)

3月臨床検査の国際規格ISO15189の認定

2023 (令和5年)

7月創立100周年

令和 元年 現在
2019 (令和元年)

大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を含む「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に登録

堺市民会館跡地にフェニーチェ堺(堺市民芸術文化ホール)が開館

新元号が「令和」に決定

「京都アニメーション」で放火により爆発火災

中国で初めて新型コロナウイルス感染症が報告さされた

2020 (令和2年)

日本国内で初めて新型コロナウイルス感染症の感染者を確認

東京オリンピック延期

2021 (令和3年)

東京オリンピック開催

2022 (令和4年)

安部元首相、銃撃され死亡

ロシアがウクライナに侵攻

2023 (令和5年)

新型コロナウイルス感染症が5類へ引き下げ

picture創立100周年記念誌(PDF)